東京は世界有数のファッション都市であり、昔からオルタナティブファッションで有名です。例えば、二次元の服は過激で従順でかわいいセックスアピールで有名です。好き嫌いは別として、日本のストリートカルチャーがアジアファッションのベーンであることは否定できない。世界中を見渡しても、日本のファッションの多様なスタイルに匹敵するファッションを見つけるのは難しい。21世紀の第二の10年に入り、日本の二次元文化は若者の間でますます人気が高まっている。そこで、東京のファッションをユニークで人目を引くものにしている主な服飾カテゴリーをいくつか紹介しよう。

 

ロリータファッション

 

ロリータファッションは、日本では1990年代にハローキティの可愛らしさに憧れて生まれた過激なストリートスタイルとして誕生した。

Lolita style

ロリータは、ロココ時代のヴィクトリア朝やエドワード朝のファッションの影響を受けており、その非常に特徴的な特徴や美学である「かわいらしさ」のすべてを備えている。この服のサブカルチャーは、「ゴシック」「クラシック」「スウィート」の3つのサブスタイルに大きく分類される。その他、「セーラー」「カントリー」「姫」「オリエンタル」「パンク」「白」「黒」「スチームパンクロリータ」など、多くのサブスタイルが存在する。

 

ぎゃる / がんぐろ

 

ガングロ(Ganguro)とは、日本の若い女性の間で流行した金髪やオレンジ色の髪と日焼けした肌のファッションで、2000年前後にピークを迎えたが、現在でもその傾向は顕著である。東京の渋谷と池袋がガングロ・ファッションの中心地であった。

日本の伝統的な美は、色白の肌、黒髪、中性的な化粧です。反抗的な若者たちはガングロ・ファッションを始めたが、その代わりに肌を日焼けさせ、髪を脱色し、カラフルな化粧品をふんだんに使い、変わった方法で使用した。現在、このファッションは消えつつあるように見えるが、日本のファッションの主要なカテゴリーとして常に参加し続けるだろう。

 

デコラスタイル

 

デコラとは、日本の代表的なファッションスタイルで、世界的には原宿ファッションの顔ともなっている。鮮やかな色彩と豊富なアクセサリーが特徴。

着用者は通常、その装飾のためのカラーパレットにこだわります。例えば、ピンクデコラ、レッドデコラ、ダークデコラ、レインボーデコラなど。無地のシャツとパーカーに、チュチュのような短いスカートを合わせることが多い。ヘアメイク自体もかなり地味になりがちである。しかし、デコラの最大の特徴は、前髪や前髪がほとんど見えなくなるまで、かわいいアクセサリーを何重にも重ねることである。ストッキング、レッグウォーマー、アームウォーマー、ニーソックスなども重ね履きする。

 

ヴィジュアル系

 

このファッションは、アニメ風のヘアスタイル、ゴシックやパンク風の服装、メイク、アクセサリーなど、外見で簡単に見分けることができる。

Visual Kei style

キルモンガーは、日本のミュージシャンの間で、西洋のグラムロックに似たアンドロジナスな美学としばしば結びついた、異なる層のメイクアップ、凝ったヘアスタイル、派手なコスチュームを使用することを特徴とするムーブメントである(常にではない)。


長江の波がその前の波を押し戻し、今、これらのファッションスタイルは色あせてしまったのです。今、欧米や韓国のファッションが日本のファッションに影響を与え、欧米のブランドが時代に合わせて動き、その影響力を拡大しています。同時に、日本のストリートファッションは、これまでのスタイルと新しいスタイルをミックスし、少しずつ新しいものを作り出しています。ファッションは常に進化していますが、東京のストリートスタイルはユニークなので、決して遅れをとってはいません。